diary

1105

休学しました。就職しました。(要約)


朝ちょっと早めに起きて大学へ行き、休学願を提出しました。あと一緒に奨学金の休止申請も必要ということだったので、事務室をあちこち放浪して手続きをしました。持っててよかった印鑑。

で、十一月一日付で休学ということになりましたと社長に報告したら、じゃあそういうことで進めちゃいましょう、とかで十一月一日付で入社ということになりました。えっそんな唐突に。えっ。

雇用契約書によると退職金はないそうです。それって将来的にどうなん、まあ今は考えなくていいのかしらん、とか。あと家賃補助がうれしい。

それと、社員の人の友達が不動産会社に勤めていて、そのつてで紹介するよ~みたいなこと(どういう機構なのかよくわかりませんが、社会というのは意外にもそういう力で動いているのですね)を言ってもらったのでいまメールで物件を教えてもらっています。視野は広いにこしたことないですからねえ。しかし丁寧なメールは緊張します。丁寧に話すことよりも緊張する。たぶん推敲できてしまうことが緊張の原因であろう。メールも推敲できず記録も残らずだったら口で話すのと同じくらいの緊張ですむかもしれない。

午後はふつうに仕事(もうバイトじゃないのだ(こわい))。例によってソース読んだりとか。どのあたりがわかればいいのかがようやくわかってきたので、明日また訊こうと思います。明日から本格的に着手の予定、とのこと。初仕事、だいじょうぶかしらん。

家に帰ってから、はて僕はどんな暮らしをすればよいのかねといろいろ計算、してたら、所得税が意味不明な額だったのでたいへんにショックを受けました。月十万くらい貯金したいよね~あはは~とか思っていたのだけどそうすると一銭も残らない計算になります。はあ人間が生きるだけでこんなにもお金が掛かるのか無人化すべきだなあと思いました。まあ実際に暮らしてみてわかることもあるでしょう。もしかしたら案外自炊をして節約できるかもしれない(しなさそう)。


明日は午前中に歯医者にゆきます。ちょっと朝が早いので心配、でももう会社員なのだしそのくらいの時間には起きるべきですね(えらい)。あと風邪気味なので早く眠らなくては。