diary

0101'

マルイ。


あけましておめでとうございます。2013年です。
昨年中はたいへんお世話になりました。今年はもうすこし元気になれたらよいなと思います。よろしくお願いします。精進します。
みなさんにとってもよい一年でありますように。ほんとうに、ほんとうに、そのようでありますように。

ツイキ:そうそう、今年の抱負です。ひとに好かれるように、というのがひとつ。
それから、生活というものをふたたび取り戻そうと思うのです。おいしいものをたべたりとか、本棚をきちんと片付けたりとか、そういったことに時間を割くことができるように、生活ということをもういちど始めようと、思います。


起きたら夕方でした。というより昨夜は朝六時でした。いっそ初日の出でも見ればよかったのかもしれません。

炊飯器と空気清浄機を買いました。明日届きます。お茶漬けがたべたいですね。


さて、今夜中に予稿は完成させて師匠に送ります。輪講資料は今日も千文字くらい書けたらいいかな……
現実に戻りたくない。


0102

風邪が重くなりました。肺炎にならないといいなと祈ります。
体温は微熱程度。37.0度。今夜はいまのうちにねむって、生活リズムを修正するほうが得策かもしれません。


昨晩はキッチンをふたたび利用可能にしました。おびただしい数のペットボトルがねこ除けを形成しておりねこの侵入を阻んでいたのです(冗談)。あとは食器を洗うのを容易にするいくつかの機構を導入すれば、すこしよくなるのではないかと思います。まだいろいろ掃除しないといけないけど。

あと学会予稿の第一稿を師匠に送りました。さっきコメントがついて戻ってきたので明日修正しなくては。あと、師匠は四日に話しましょうと言っていたけど準ボスに明日の晩に送ってくれと言われていたのでそうなる、のかしら。そうするともうすこし早くに送るべきでしたね。


炊飯器と空気清浄機が届きました。いまご飯を炊いています。
しかし、自炊というのはずいぶんと豊かな人間のためのものだなあと思います。これらの作業を毎日するのはきっとすこしたいへんだ。炊飯器の保温機能は二十四時間しか持たせてくれないようだし、毎日ご飯を食べるためには毎日いろいろな操作をしなくてはいけない。それはけっこうヘヴィかもな、と思います。

卵を買うのを忘れてしまいました。買えば炒飯が食べられたのに(炒飯の素とサラダ油は買ったのです)。

めも:米の置き場が検討されるべき。空気清浄機も。
後者については、玄関の横の布置き場がきちんとした抽斗に整頓された暁にはその隣が空くと思われるので、そうするかもしれない。
それから、枕許の電気系統を再検討すること。具体的には携帯端末の充電とか読書灯は延長コードを引っぱってくる。ポットと炊飯器周辺はいまのままでよい。とにかく分離しないとコンセントの数が足りない。
パソコンは処分が面倒そう。特にあれは中古だから扱いがよくわからない。調べる。掃除機はふつうに粗大ゴミなので粗大ゴミの回収シールをどっかで買うこと。ケトルは棄てなくてもいいかもしれないが。でもポット再投入されたらもう使わないよな。

はて、独り暮らしも五年が経とうというのにどうしていまさらこんな「春から大学生なんです」みたいなことをやっているのか。ってことは僕は受験生か。受験生の皆さん、今日くらいは勉強は休んで明日に備えますよね?


0103

昨夜はなんか胃腸がぶっ壊れたし軽く発熱したし、ノロわれていたのかもしれません。いまはすこし回復しています(たくさん眠る必要がありましたが)。まだすこし胃がしくしく。


学会予稿第二項を準ボスに送りました。
あとは輪講資料です。そろそろエンジンが掛かってくれないと死ぬ。あと三日くらいで文章だけでも揃えたいのに、まだしっちゃかめっちゃかで三千字程度です。話す内容も決められていないし。困った。


炊飯器生活はよいです。コスト・パフォーマンスがとてもよい。
お茶漬けもおいしいですし。家にいる間の食費がだいぶ浮きそうです。


ところで生活リズムを戻さないといけないのだけど……。


0104

チャーハンはおいしいですけど作るのが忙しいですね。フライパンを洗うのも面倒です(まだやってない)。


午後から研究室。同期はなにやら学会に出す結果に困っているようです。大丈夫かしら。
僕のほうは比較的順調。第三稿をボスに提出。これでOKが出れば明日には登録です。キャー。

輪講資料は四千文字まできました。たぶん一万二千ほどで十分なのではと思います(図のことを考えたり行間とか考えるとそれが限度だと思う)。とすると少々イントロにページを割きすぎた感じはあって、そうだ本論を充実させるために論文を読み直さなくてはいけないのでした。間に合うのかなあ。
とにかくこれらのことが一段落したら(あと一週間でそうなる!)、家具を揃えたりキッチンを掃除したりしようと思います。本もたくさん読みたい。すてきな生活。


ところで就活というものがあって、エントリー・シートを出す時期っぽいのですけど、これ出すと面接の可能性があるのですよね、心の準備が足りていませんね。


さて、食器を洗いましょう。


0105

学会予稿は第四稿でOKが出ました。学会の仮登録は済ませて、登壇申し込みは明日やる予定です。


記述の中での記述によって現実と記述とが混淆しやがて反転し、というようなお話。


輪講資料、1/3くらいは出来ましたがここから先は方針もよくわかっていなくて心配です。というか無理では。うう。


「マジでやばい」じゃなくて「もう無理です」と言いたいのに、なぜだかそれが言えないまま歩いてきてしまった。身体が動かせなくなったり勝手に涙が出たり、そういったことはまったく起こらないから。
しんどいけど必要ならばがんばれる、という人がうらやましいし、もっと不健康な感情を抱くこともある。

僕は僕が悲観的すぎることを知っているけれども、だとしてもあなたたちは牧歌的すぎるし、それによって僕が蔑ろにされていると思って傷つくのです。あなたたちが例外だといって切って捨てる領域に、僕は自分の姿を見いだしているのです。あなたたちの楽観は、僕を徹底的に無視することで成り立っているのだと、そう思っているのです。

疲れているし焦っているのでよくないことばかり考えますね。


僕の部分的で変則的な潔癖症的傾向について。
僕の世界分割のやりかた、たとえば「穢れ」システムだとか、そういったものの形が、たぶん一般的に合意されているものとはすこし違う形をしていて、それだけでなく、たぶん生物個体としての僕の生存にとってもあまりよくない形をしているのだと思います。
たぶん、それらはあまり科学的なものの考え方と合致していない。加熱することでなにが「浄化」されるのかとか、そういったことがよくわからないし、まず生活の中にあるものはどれほど努力をしても一定の「穢れ」をまとったまま浄化されることはなく、だから僕は自炊というものに抵抗があるのだなと思いました。ほんとうは、毎日新品の調理器具を使いたい。洗剤で洗ったりとか(僕に適切な技術があるとも思えないし)、そういったことで穢れが消失する、ということを、僕はあまり信じていないように見えます。忘却だけが僕を救っています。


今日もチャーハンを作りました。昨日よりはよくできたと思います。包丁を使ったりするものにも挑戦してみたいけど、それには僕の家のキッチンは狭すぎると思いました。ちいさなまな板とボウルをおいたらほとんど埋まってしまうのだもの。みんなはどうやって解決しているのだろう。
あと、やっぱり食事というものが僕に与えてくれる満足感は不当に低いような気がします。別にたべたいもの、ないのだ。


今夜はあまり夜更かしできませんね。困りました。


0106

学会に予稿を出しました。結局第五稿になった。送信しようとしたらファイルサイズが大きすぎると言われて弾かれたので一旦帰宅して修正。「文書のオーバーヘッド」とかいうものが肥大化していたようでした。これがなんなのかはよくわからないのだけどサイズを小さくして再出力。なんか代わりに互換性がちょっと失われているみたいですこし心配です。ふみゅう。

同期の二人はなんだか直前までタイトルや本文で手こずっていました。どうして僕のがこんなにスムースに進んだのかよくわかりません。なんだか重大な瑕疵を看過されているのではという気持ちになります。本番で恥をかいてしまうかもしれない。こわい。

あとなんか夏に国際学会があってそれに出ろと言われたので二月の頭までにもう一度予稿を書かなくてはいけないようです。それはいいのですが、国際学会、英語発表やん。勘弁してくれ。


なんだか今日はせっかく昼に起きていたのに研究室でだらだらしてしまった。今夜のうちに二千字くらいは輪講資料を書きたい。それで明日明後日はスライド作成に専念したい。水曜日には研究室のセミナで発表練習なのだ。
やっぱり内容的に無価値で準備不足であるようにしか思えなくて、発表の場で僕はほんとうに嘲笑され失望され軽蔑され恥をかくのではないかと不安になっている。それをどうにかする時間はもう残っていないのに、どうにかしなくてはいけないとポーズだけをとる。そうして作業は進まなくなってしまう。

とにかくこれが終わったら(金曜日には終わる!)同期と鍋でもしようという話をしている。楽しみだ。それに、読みたい本もたくさんある。ほんとうにたくさん。マンガもたくさん。小説もたくさん。哲学の本も、数学の本も。生活すてき化計画もまだ途上にある。やりたいことが、いっぱいある。

ところで明後日と金曜日に提出のレポートが一本ずつあるんだけど、いつやるんでしょうね。


今夜はなんだかひどく眠くて、あまり夜更かしなどできなさそうな気持ち。早くにねむって、明日もお昼頃から活動できるようにしましょう。


0107

輪講資料、本文はだいたいできたと言えます。ほんとうは応用に関する部分が弱いのですが、それは練習のあとに指導してもらおうと思います。とにかく骨組みをなんとかしなくては。

今日はスライドのプロトタイプを書いていました。とりあえず設計に関するところはだいたい整ったので、今夜のうちに図を揃えられると思います。イントロ部分は明日かなあ。明後日練習なのに、ちょっと間に合う気がしません。つらい。

勉強しないといけないことがたくさんあるのはよくわかったし、僕が怠惰なのも十分わかったけど、だからもういいじゃないですか、と思ったりする。反省が必要ならもうしましたよ、どうして赦してくれないんですか?と真顔で振り返ったりして、そんな顔をしていては赦されるものも赦されなくなってしまうなと思い直す。嘘泣きは得意だ。すくなくともそう言われ続けてきた。僕は嘘泣きなんてしたことがない(そもそも嘘で泣くなんて芸当、定義からして危ういと思う。泣いているように涙がでて泣いているように喉がひりひりするのならそれは泣いているのではないのか)。

なんだか口調がそういう感じになってしまった。今日は僕の言葉が僕のためにあるってことを考えたりした。日記は独り言と限りなく似通っている。


明日は二限ですけどちょっと早めに行って同期にレポートを見せてもらわなくてはいけません。真面目にやってる時間がないのだ。今夜は二時ぐらいまではがんばろう。


0108

二限のちょっと早めに登校、同期にレポートを写させてもらう手筈だったのだが彼もまだ解いてないとか言いだしたので結局自力でやっていた。授業中に体力を回復しようと思っていたのにあてが外れた。

なんだかんだほとんど作業をできていない。明日は発表練習なのでなんとか今日中にスライドを完成させて話す内容を決めなくてはならない。圧倒的にやばい。