diary

十月三十一日ですけど!!

十月の最終日に日記コンプリートを逃しました。べつにいいんですけど。全然悔しくなんかないんですけど。


高校時代のパソコン部の先輩だったひと二人がうちに来て酒を飲んでいました。その一人が実家からおいしい日本酒が送られてきたから飲もう、と言っていたのです。お酒はおいしかったのでまた持ってくるとよい(どこからか目線)。まあここで飲むよりは今度はそちらに訪ねていきたいですね。やっぱこの部屋人呼ぶには向かんわ。

話の内容はまあ、同じ高校の奴が集まってするようなそれで、だいたいにおいて格好が悪いというか、まあいいじゃないですか、へへへ。お酒はおいしかったし、なんだか上等な酔い方をしているような気がする。気のせいというか定義が曖昧すぎてなんとも言えぬ。

高校のパソコン部から、一人は法学、一人は人類学(なのかしら)、一人は物理学へ進んだわけで、まあ僕が一番「理系っぽい」わけで、だから彼らの話は興味深いところが多かった。文学の話とか社会・政治の話になると全然ついていけないのだけど。僕ももっと物事をおもしろそうに語れればいいなと思う。この方向を志す理由は考えないことにしたい。

「雨後の月」。おぼえた。これが「メロンっぽい」味かあ。


で、途中でamazonからハードディスクが届いていたので彼らが帰ってから交換して再インストールしています。windows7はアップグレード版を買って使っていたのだけど、ハードディスクごと交換する場合には一度アップグレード前のvistaをインストールしておかなくてはならないようでした。まえにvistaからアップグレードしたときは、ハードディスクをフォーマットしていて、だからvistaのことなんかぜんぜん意識していなかったのだけど、やっぱりアップグレード版はそういう制限が課せられているらしい。でもどこで読み取っているんだろう。フォーマットしてるのに。不思議だ。とりあえずいまvistaのインストールが終わったのだが、おい、vista起動すんなよ。僕は7をインストールしたいんだ。

あとChromeを使ってみています。まあ特に不便はない、かな。taberarelooが実用に耐える程度には高機能になっていたし、最近はreblogはほぼiPhoneからにしているのでTomblooへの依存度は低くなっていたし。でもchrome://から始まるchromeの設定画面の類で拡張機能が使えない仕様はちょっと不便に思いました。マウスジェスチャが効かないというのはけっこうストレスになりうる。これはgoogleの方針としてしょうがないようなので、まあそういうページが開く機会を最小化するのが現実的な解決策でしょう。ともかくしばらく使ってみるつもり。

だけどなー、firefoxやoperaと比べると、アプリケーションとしての熟成度がまだ浅いかなー、と思うのです。なんというか、造りが緻密でないというか。これはGoogle日本語入力のときにも思いましたね。こういうのは、技術力がどうとかの問題ではなく、ただかけられた時間に依存するものなのでしょうか。まあ、自分でなにか作ってて思うけど、そういうのって技術の問題じゃなくて単に面倒なことをどこまでやるか、みたいな話に思うしな。そのうち充実してくるのでしょう。

あ、これ「新規インストール」とかしたらまた元の木阿弥なんじゃないのか。おいおい、これ今夜中に環境構築までできるのかな…無理な気がしてきた。あるいは二限がなくなる気がしてきた。そういえば物理学ゼミナールは準備をしようにも論文がなかなか上がっていないのでどうしようもない。あくまでフェアに一週間しか掛けさせてくれないつもりなのだろうか。頼んでおいたのにな。まあいいか。よくないけど。

明日は二限に出る予定。でも無理はしない。三限は実験だし放課後はバイトだからヘヴィ。


まーもまーもにゃーあにゃーあまーもにゃーあにゃーあ(議論を放棄する不誠実な姿勢)。

つけててよかった削除ボタンの確認ダイアログ!


十一月一日ですけど!

ですって。どうしましょうか奥様。


再インストールに伴ってインストールしたソフトウェアたち
・google chrome
・Sugarsync
・Tween
・fenrir
・xyzzy
・avast

これからするつもりのものたち
・TeX
・mayu
・uLilith
・MediaPlayerClassic

意外と少ない?
ともあれmayuは死活問題なのでさっさとしましょう。nodokaに移行するまでの繋ぎだけども。


日付が変わりそうなので細かいことは割愛します。一限と二限を休み午後から実験。たいへんに退屈。バイトまで時間が余ったので少々データ解析。悪くないものが取れてると思います。夜はバイトでたぶんこれからfλが訪ねてくる。明日は二限からゼミナール。


十一月二日ですけど!

新しいブラウザにも慣れてきました。慣れるとまあまあ使いいいかな。上が広く感じます。


二限はゼミナール。前回の担当者の二回目。今度こそ僕です。先週の時点で僕の分の論文を上げておいてほしいと頼んだらOKしてくれたのに上がったのが今朝でした。そのうえ「遅れたお詫びに参考論文も上げておきました」って作業量増やしてどうするんですか。いいんですか?死にますよ?(死にません)

三限は休講だったので昼寝。四限五限は演習V。二週飛んでて心配でしたがそこまで絶望的に理解不能な内容ではありませんでした。ただsovanchéの問題がぜんぜんできなかった。もう特殊関数のことなんかこれっぽっちも憶えていないのです。それってどうなのよ。

放課後は駒場でサークル。今日もまたこれといってなにもせず。駒場祭になにも出さない言い訳ばかり考えています。いや、納得のいくねたがないのよ。納得のいかないねたもこれといってないけど。

あとブラックな話など。こわいなー。


さて、明日はSとどこかに出かけるのと思います。帰ったら論文を読む。


十一月三日ですけど!

文章の端々に「文化的に」という文句を挟んでやろうかと思いましたが可読性を損なうのでやめました。


Sと西洋美術館にゆきました。絵画というものはよくわかりません。それを何のために描いたのかとか、そういうことがぜんぜんわからないのです。

昔と比べると、宗教画(?)というものたちはすこし好きになりました。神というもの、救いというものを描いてみせることへの情熱がわかるようになったからでしょうか。

高校の物理の時間に、いろいろな公式をまとめたプリントが配られたことがあるのですが、あれは僕にとって宗教画と同じような意味があるのだと思いました。僕が信じるものがそこに描かれて表現されているという点で。最終的に、物理学は一つの絵のようになればよいと思います。そこにはすべてが描かれていて、どんな微細な現象も導出することができる。信じることができる。それが一枚の絵という形で一堂に会していることがきっと大きな安心感をもたらしてくれるのだと思います。昔の人がさまざまに神の絵を描いたのと同じように、さまざまに理論はつくられている。ただそれは検証され続けているという点で違うのだけど。

それから、いわゆる二次元絵というものとの比較のことを考えていました。聖書の一場面を絵にしたり、誰だかよくわからない綺麗な人を描いたり、そういうのって同じことだと思うのです。それと、観る人の心を動かそうという情熱という点で宗教画の類と桃色図書なんかに似たものを感じます。このへんはもうちょっと深く考えてみたらおもしろいのかもしれません。おもしろくは別にないのかもしれません。

時代が下って、ピカソとかになるとよくわからない。もっとわけのわからない抽象画?は、気に入ったものもありました。なにを描いているのかぜんぜんわからないけど、なんだか気に入るものって不思議だ。そういうのを計算ずくで描ける人がいるなら、これは途方もないことと思います。自分でもそういうことができたらいいのに。せめて、自分だけは気に入るようなものを作り続けていけば、いつか気に入ってくれる人がいるかしら。

そういえば僕はたぶんゴッホがすこし好きで、これはたぶんゴッホの生涯とか作品を扱った絵本が実家にあったからかな、と思いました。

あと銅版画はすごい。いや、銅版画という技法がその他に比べてどうすごい、みたいな話ではないのですが、とにかくすごかった。パリにちょっと住みたい。


すこし具合を悪くしてしまいました。明日は実験最終日とバイトです。そろそろ論文も読まなくてはなりません。ぴんち。


十一月四日ですけど!

可愛いと思いますよ(微笑)。


二限電磁気午後実験。実験は一通りのデータを取り終えたので月曜水曜は休みの予定。休みったって学校が休みになるわけでもなんでもないのだけどね。いや月曜日は休んでしまっても。いやレポート提出があるか。あ、忘れてた。ヴェーー。

゛ぇ

ねむいです。夕方はバイト。ロジックを書くのはできるけどUIとかそういうのをちまちま触るのは苦手だなあ。苦手というか、どのように問題に対処すべきかに関する知見が蓄積していない。仕事でやっているのだからそういうことも言っていられないのだけど、お金をもらってやっているからこそなおさらそういうところに気を配りたいし雑な解決で済ませたくない。ディレンマである。


論文を読むのは明日にしよう。今夜の目標は一時にねむること。


十一月五日ですけど!

ごめんね二限。僕もきみに会いたかったよ。


演習だけ出席。でも途中で居眠りしてしまいました。ひさしぶりだな。たぶんそこそこ消耗しているのだと思います。ともかく、物理的な議論にあまり興味が持てない気分でした。中間試験も近いのに困ったな。

困ったよ。


放課後はバイト。iPhoneのユーザ・インターフェイスはよくわかりません。単に勉強不足なのと思います。


明日は夜にサークルの飲み会。お金ないけど参加。昼間はなんとしてもゼミのための論文を読まなくてはなりません。日曜日はSがうちに来ます。


最近思うのですが今学期は真剣に疲れ切ってしまっていて、今度こそ乗り越えられないのかもしれません。いや、前に何度もそう思ってきたし、たぶん大丈夫なのですが、見た目は連続していても実情は不連続的に破滅へと追い込まれている可能性があって、自分で自分の能力や現状に見切りをつけるだけの余裕がないのも確かだし、だからもしも僕がそのような状況に追い込まれてゆくとしたらたぶん自分から飛び込んでゆく形式になると思うのです。なにしろ僕にはドロップアウトする先がない。自分の人生には現状一通りしかなく、それを淡々と歩いてゆかなくてはならないのです。歩けなかったらどうなるのか、考えたくもありません。そのとき僕は周囲のいろいろなものを巻き込んで破綻するでしょう。その前に自分の行き先を用意しておかなくてはらならないのだと思います。ほんとうにだめになる前に。

なんだかよくわからないことを書きましたが要するにねむいし疲れているのです。週末に充電するんや。


十一月六日ですけど!

昨晩はまたサイトをいじっていた。autopagerizeしてもはてなスターが表示されるとか、URLの微細な変更。具体的にはページ数の指定を"?page="で行うようにした。まあ静的なIDには関わらないので特に問題は無いでしょう。

iPhone向けのスタイルは今月中に書き換えないと破綻することに気づいたので直します。というかHTMLから書き直したいな。どうせiPhone向けに別のを吐いてるわけだしiPhoneに最適化しておきたい。


今日は昼まで眠って、起きてからちまちま論文を読んで、夜はサークルのコンパでした。駒場祭に向けての意気込みとか訊かれても困ります。スケジュール的に厳しいのは確実だし、アイデアもめぼしいのがありません。今日も考えていたのですけどやっぱり画だけでも思いつけないと厳しい。去年なんかはその辺すんなりいったのだけどなー。去年のがそこそこに完成してしまったせいで縛られている感はある。うーん。

余裕があれば環境構築とかだけでもやってみるかな、とは思っていて、ああそうだ、ゲーム出せないもうひとつの(中間試験以外の)決定的な理由を思い出した。駒場祭直後がメスバウアー効果のレポート締め切りなんだ。うん、この話おしまい。

あと駒場祭期間中も月曜日は普通に授業があると聞いて戦慄。


今夜はこれからSとおはなしして(ひさしぶり)寝る。明日は夕方から粉体班のゼミらしいので出られたら出るつもり。


十一月七日ですけど!

Sがきた。六十分のそれこれ。来週は建築がどうとかいう美術館へ行く予定です。その頃までには懸念はおおかた解消しているはず…!ともかく今学期は気が休まりませんね。

マジスパはそろそろ涅槃行ってもいい気がしてきた。


依存している。もう手放せないな、と思う。彼女の属性によるところではなく、僕の認識がそういうところに落ち込んでしまって、救いというものの意味が確定して、まあどうでもいいんですけどねこんな話。ちなみにみなさんはこの文章を三段落目に読むのでしょうが僕が書いたのは一番最後です。どうでもいいね!こんな話!やっほーい!驚くべきことにお酒を飲んでいません!レポート書き終わったらfとアニメみながら飲むけどね!たぶん!レポート終わるのかな!わっほいーい!

たぶん余裕なくしてるんだよなあ。ほんとに。中間試験終わったらちょっと勝手に中休み取ろうかしら。いやいや。いや、でも。いや。


夜はSと別れて本郷でゼミ。粉体。近頃話題のドラえもんみたいなロボットハンドは粉体の性質を利用しているのだそうです。ジャミング転移。粉体が一定の密度以上で剛性を獲得する現象。凹ませて、固くして、固定したまま持ち上げる。引っ張りすぎると落ちる。

あと五月祭に向けてブレインストーミングをしました。アイデアはおもしろいのが出そろうし、まあ目を惹きそうかな、というのも多いのだけど、科学したい、となったときにできるのかな、という。仮にもお祭りで一般人に向けてやるのだから、そのプロセスに興味を持ってもらえるようなあああどうでもいいぜこんな話。それよりうちのいもうとがこんなにかわいいわけがなくってさー!


今夜はがんばって物理数学IIIのレポートを書いて、明日は提出だけして帰ってきてたぶん昼寝をして火曜日のゼミナールの発表準備を進めます。スライドとか作った方が良いのかな。google docsでなんとかなるかしら。OOoという手もあるけど。

がんばろう。