diary

初日記ですけど!

そういうわけで、それなりに完成したので今日からここに日記を書くことにしようと思います。まだ完全に動作するのかよくわからないので一時的に戻る可能性はあります。

コメント欄はありません。どうせ書く人いないし。なにか用のある人はTwitterかメールでご連絡ください。


あとサイト名は仮称です。


あ、そういえば、IEだと見られません。


六月三日ですけど!

なんか、画面の両端が白くて眼によくないような気がする。そういうのよくわからないんだよなー。


昨晩は結局七時くらいまで寝たり起きたりしながらコーディングして、とりあえずの公開に踏み切りました。mixiが有害サイトかなにかだと勘違いしてるらしくてページを変換してくれないしリンクも張ってくれないので、モバイルのmixiしか使ってない人はアクセス手段が存在しないのですが、まあ覚えやすいURLなので(

それにしてもmixiのやってることはわからん。気が違っているとしか思えない。それともサービス側でそこまでしないといけないようなリテラシが普通なのか(ありうる)。

あ、それと、一応IEからも見られるようにしました。application/xhtml+xmlを読めない奴にはtext/htmlで送るようにした。XHTML1.1としては推奨されないけどまあIE自体が推奨されないし(極論)。なんで8でも対応してないのだろう。なにか理由でもあるのだろうか(あらゆることに理由は存在するだろ、という声)。


ところで明日は物理学演習IVの中間試験なので午後からたらたらと勉強しています。ストークスの定理とかガウスの定理とかちゃんと覚えてないことが判明したりいろいろやばい。これちゃんとわかってないと境界条件が出せなかったりして破滅するっぽいから覚えないといけない。


試験が終わったら、ページのモバイル向けスタイルを書くのと、あとjQueryでajaxるのと、はてなスターあたりをつけましょうかね。なんのかので評価されることを諦められない俺カッコワルイ。


ところで「走る」という言葉の意味について思ったりしました。どうも「走る」は「歩く」の速い版とは、それどころか「ものが速く動く」とは本質的に違うような気がする。たとえば高速道路や山脈だって走るし。このへん謎です。


http://www.members.shaw.ca/gf3/circle-the-cat.html
ゲーム。●をクリックすると壁になって色が変わる。一回クリックするごとにねこも一つ動く。ねこが逃げたら負け、ねこをとり囲んだら勝ち(これはねこを完全に一カ所に封じ込めないと勝利判定されないようだけど)。


文学フリマの何か

http://ofni.necocen.info/works/bun-flea10/nikkiki.txt
文学フリマで出した日記です。ゴミみたいなものです。

もうちょっとまともに整形したPDF版をふねさんがそのうち公開すると思います。整形したからって内容がまともになるわけではないのですが。


はて☆すた

ってかなり懐かしい冗句だよね。


そういうわけではてなスターに対応してみましたがうまくゆくのかは謎です。


六月四日ですけど!

はてなスター、つけました。案外と簡単だった。
ただ気をつけなくてはならないのは、Autopagerizeとかで増えた分のエントリにはスターのボタンがつかないということです。まあそんなにしてまでスターつける人もいないでしょうけど。というかつけるだけむなしいのでは。おいおい。


物理学演習IVの中間試験でした。電磁気学はすこしはなんとかできそうだと思って臨んだのに現実は熱力学と統計力学しかわかりませんでした。グリーン関数ってなんだよ。

思い返してみると、熱力学も統計力学も「勉強」したことはありましたが電磁気学はそういうことをしたことがないのでした。下手に高校で電気と磁気について教わったりしていたせいで勉強に身が入らないのかもしれません。いやそれを言ったら熱力学だってそうか。ただ、どうも電磁気学にはあまり興味がないというか、問題を解くことに意欲が生じないのですが、大学の電磁気学はだいたいが問題の解法を学ぶもののようなので勉強する気になれないのかもしれません。それではいけないのはわかっていますが。

結局のところ、まあ四割くらいは点があるんじゃないですかね?くらいです。期末試験でがんばらないといけないし救済のためのレポートを書かなくてはいけません。七度出せば救われるらしいのですが、はたしてあと六度もあるのか謎です。ない場合は死ぬ。


試験のあとはバイト。ちょっとした検索機能の実装。四分木で平面の点を特徴付けるのはいいのですが隣接する領域を取得する簡単な方法について考えなくてはなりません。なんかビット演算とかしたらさっとできないのかなー。


帰りにバイト仲間と話をしました。googleのインターンは月給が数十万だとか、なんか意外な資格とりたいよね、みたいなのとか。そんなものよりは手品でも練習したほうが、なんとなく小さな幸せみたいなものを作れると思いました。「不思議」なことを自分の手でつくれることって素晴らしい。ただ練習はめんどい。

情報科学科とかにいくと最終的にgoogleに入って初任給で年収が二千万に達するそうです。僕はほんとうに困ったらいまのバイト先で雇ってもらおうと思っているのですが給料どんくらいなのかな。そういえば結局こないだのプレゼンで時給はどのくらいになったのかしら。話が盛り上がった度でいえば結構なものと思うぜ。

ああそういえば、今日はバイト先のひとがプレゼンをしていました。書道の経験があって、あれって要するにレイアウトのノウハウだからそれをwebデザインに生かせたら、とか言っていたっけ。webページのようなスクロールメディアと紙のようなページメディアの本質的な違いとかについて五秒ほど考えたけどよくわからない。そんなものはないのかもしれない。

あとどうでもいいけど最近思うのは、バイト先の人たちはレイアウトが崩れるのをIEのせいにする前にCSSとXHTMLをちゃんと勉強したらどうだい、ということでした。フロートの適用条件とか。僕だってよく知らないけど。

そういえばバイト先のIETesterでこっそりこのページのレイアウトを確認したらIE7ですでに破滅していました。可読性という意味ではむしろIE6のほうがマシかも。


さて、今夜はAharonovBohm!の時間まではモバイル向けのスタイルシートを書いて、時間が余ったらjQueryでいろいろすることを試みます。そういえばモバイルから管理画面にアクセスする手段がない。まあてきとうにどうにかする(特に案が思いついているわけではない)。まあ管理ページだけ作ってしまえばいいかも。
明日はゼミで、そのあとSに会う予定。明後日は未定。そういえばペットボトルはまた廃棄処分の機会を逸する。そろそろキャパシティ・オーバだと思うのだが今夜はちょっと無理だ。しかし金曜日にバイトが入っている限り無理ではないかとも思える。


六月五日ですけど!

ゼミがありました。擬リーマン多様体とレヴィ・チヴィタ接続。どうも接層の定義が頭に入っていない。あのへんで休んでしまったのが原因と思われる。まあ数学的な話が一段落したらそれを整備する期間があるそうなので、復習しなくてはいけないなあ、くらいで。

だんだんと話が物理ぽくなってくる。次回くらいにはアインシュタイン方程式出てくるのじゃないかな。うにゃあ。


そういえばバイトで考えてたことをすこし検討したのでした。最初は四次元配列を作って…と思ったのだけどビット演算を駆使すると計算で全部出せるっぽいので、僕にしか読めないコードが完成しそうです。こうやって社内での自分の地位を不動にしてゆくのです(冗句)。


ゼミ終了後は本郷でしばらく統計力学の本を読んで、それからSと会いました。夕飯はロコモコでした。ハワイ語ってそういう言葉多いよね。音の種類が少ないのだったっけな。


TODO:
・jQueryでajax
・モバイル向け管理画面
・iPhoneでわりと残念な感じになる問題(どうにかしないとなー)
----越えない壁----
・物理学ゼミナールの希望を考える(--06/14だっけ)
・qに頼まれてる量子コンピュータのレポート(--06/07)
・エレクトロニクスI レポート(--06/17)
・現代実験物理学レポート(--06/16)
・健康診断(謎)


六月六日ですけど!

兄の日です。ちなみに九月六日は妹の日です。


下北沢でSと昼食、のち送って帰還。経路記憶スキルが足らない。結局初めて行ったときの経路が一番わかりやすいのではないかなと思う。

家族に会うのはもうちょっとしゃんとしてるときがよいなあと思いました(言い訳)。

そういえばヘッドセットかなにかを買おう。あといいかげんスピーカを買おう(自分用めも)。


チーズの熱力学。


自分がうつくしくないなあと思います。悲しいなあと思います。感受性もなにもない、記号処理にのみ特化した機械、それが人間の姿に肉を纏っているのです。それはとても醜い。うつくしくない。スマートでない。クールでない。それでも生きてゆかねばならないのだと、そんなことを言ったのは誰だかわかりません。それでもこの機械には安全装置がついていて、死なないようにできている。理性がどんなに死を迫っても、反射はそれを認めない。自分の手の届かないところにやっぱり考えてる奴がいて、自分の手の届かないところはそいつが操っているのです。だから死なない。僕が考えなくても呼吸をしたり心臓が動いたり、そういうのと同じところに僕が思っているより多くのことが委ねられているのだと思います。だから理性を推し進めたって仕方がない。その向こうにはあまりにも手の届かない平原が広がっている。スマートでない。うつくしくない。悲しい。


そういえば、このサイトのモバイル向けのCSSを書いて、手許のW62SH(au)ではそこそこまともに表示されることを確かめましたがiPhoneのsafariでは悲惨なことになるようです。これは対策が必要だ。今夜は時間があればそれをやる。CSSだけで対応できたらいいのだけど、iPhoneだけにCSSを適用する方法がよくわからないので特別にページを用意することになりそうな気がします。

あと、jQueryを使ってカレンダーのページ切り替えをajaxでやるようにしたのだけど、まだ六月分しか日記がないから切り替えが無効なので意味がないですね。


qのレポートは明日と明後日でどうにかできるものと信ずる(場合によっては火曜日のサークルを欠席する)。今夜はこれからfと夕飯にする。お酒がのみたい気分だし、fはAharonovBohm!を観たがるだろう。明日は二限とアルバイト。


つぎの週末は国立科学博物館にでもゆこうと思います。

夏休みになったらすこし遠くにゆきたいなと思います。青森とか。それから四国に行ってみたい駅があるのです。まあそんなことばかり考えていてもなにも起こらないのですが。バイトにせいをださなけあ、なりません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E7%81%98%E9%A7%85


六月七日ですけど!

happy birthday > R
おいしいもの。ロコモコとか(こないだ初めてたべた)。それから最近はタコライスをよく食べます。けっこう気に入った。それから食堂の生姜焼き丼がジャンクフードぽい味でけっこう好きです。あとシーチキンマヨネーズのおにぎり(ファミマ)もおいしい。


電磁気学IIをすっ飛ばして(おかしい)、実験は休みなのでバイト。すでに自分でもなにをやっているのかわからなくなっているコードが動作したので満足。あとちまちまと画像を切り出してCSSを書く仕事など。

最近、バイト先のとある男に恋人ができたとかでバイト先で定期的にその話が出てくる。今日も社員に訊かれていた。別の男の所属する学科でも噂になったらしい。その目で見るまでは非実在青少年だと思っていたという男もいる。なんだか知らないが世の中はこわい。

それとはあまり関係のない話なのだけど、最近はすこし自分の名前を大きくしすぎたかな、と思う。事実、僕の大学のいくつかの学科ではそこそこの知名度があるらしい。おそろしい話だと思う。自分の名前が自分の制御できる範囲を超えて動いている。そういう場合に僕がとれる対応は、結局「勝手にしてくれ」しかないのだが。勝手にしてくれ。結局僕は僕のしたいようにしかしないから。もう「誰か」のために自分を犠牲にしないで済みますように。自分を犠牲にしてもいい誰かがいつまでもありますように。


ずっと以前に誰かに見せられた、それとも自分で垣間見た、科学というひとつの風景に、頭を強く殴られて、そのとき見たものはもうはっきりしないのだけど、殴られた衝撃だけは心の深くに沈んで錆びず、僕を虜にしてやまない。だから結局、僕にとってこれは根本的に宗教なのだと思う。


そういえばiPhone向けのCSSを書いています。まだ不完全ですが「読める」代物とは思います。読みやすさに関するご意見はどこかで待たれています(iPhone以外でも。僕はそういうセンスがたぶん壊滅している)。そういうちまちました連絡用のフォームをふねさんがつけてたな。僕もつけた方がいいかもしれない。ただデザイン的にどこに置こうか悩ましい。サイドバー?

iPadくらいになったらもう少しユーザ・エクスペリエンス的なことを考えてみたいなと思うのですが。だって日記があのサイズだったら、単なるスクロールメディアの一つとしておくのはもったいないじゃあないですか。


さて、友人がコーラスの練習にきた。僕は彼を残して夕飯にゆくつもりだ。それから戻ってきたらqの量子コンピュータのレポートを書く。qのqはquantumのqではない。